結果的にホルモン代謝系を撹乱することになる

指定医薬品日本薬局法において、要指示医薬薬品に指定されているステロイドホルモンであるエストラジオールは、ホルモン作用の強さはかなり強く、ごく軽微な女性ホルモン作用があるイソフラボンとは対照的です。

プエラリアの詳細情報を掲載しているこちらのサイトも参考になると思います。

プエラリアはイソフラボンは大豆などにも含まれ、効果としては、骨粗鬆症の予防、更年期障害の緩和にもなり、多くの研究者から支持を得ているということも確かです。

納豆や豆腐がイソフラボンを多く含む食材として代表的なものですね。最近では大豆より創製した特定保健用機能食品も販売されています。

イソフラボン補給の観点から言いますと、大豆より優れた機能食品として販売されているプエラリアのイソフラボン含有量は、大豆の数十倍にもなるといいます。

ミロエステロールには、強力な女性ホルモン活性物質の存在による内分泌撹乱作用があります。

プエラリアに含まれるミロエステロール、イソフラボンは、生体にとって、異質の化学物質でありますので、所謂環境ホルモンと同じ作用、内分泌系の撹乱を引き起こすことに気をつけなければなりません。これによりホルモン作用が起きます。

結果的にホルモン代謝系を撹乱することになるのは、内在性の女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうからです。

日常的にホルモン代謝系の撹乱が繰り返さるようになれば、女性ホルモンの分泌能が弱り、不妊症などの原因にもなり得ます。





Filed under: プエラリア — 0:00:00